【WHO】子どもにも砂糖制限を推奨

砂糖は1日25gまでとするガイドラインを発表

2015年のWHO(世界保健機関)のプレスリリースで、新たなガイドラインが発表されているのをご存知でしょうか?このガイドラインでは、大人も子供も、1日の砂糖の摂取量を25gまでにすることを推奨しています。過体重、虫歯、肥満など、健康上のさらなるメリットを提供するガイドラインとしています。(http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/sugar-guideline/en/ WHOより)

砂糖の定義は?

ここで言われる砂糖とは、遊離糖類と言う、「製造者、調理者または消費者が食品や飲料に添加する単糖類(グルコース、フルクトースなど)および二糖類(スクロースまたは砂糖など)および蜂蜜、シロップ、フルーツジュースおよびフルーツジュース濃縮物」のことを指しています。

 

どのようなものが含まれるかは、以下の表をご覧ください。

含まれるもの ケチャップなどの調味料(1杯4g)・清涼飲料水や缶コーヒーなど・スーパーやコンビニなどの菓子パン/惣菜に含まれる砂糖
含まれないもの 新鮮な果物や野菜の糖、および牛乳中に天然に存在する糖

量は1日25g

身の回りの食品に置き換えると??

例えばコーラの場合、写真の右から順番に、39g、65g、108gの砂糖が含まれているそうです(角砂糖が1つ4g)。

こうして見ると、気づかないうちに砂糖をたくさん摂取していることが分かります。

(http://www.sugarstacks.com/ Sugar Stacks参照)こちらのサイトでは他にも様々な食品の砂糖の量が紹介されています。

最後に

今の生活の中では、よほど自給自足のような生活をしているか、時間とお金をかけて食材選びをしないと、正確に砂糖の量を把握することは難しいのではと思います。それだけ、今の社会にはどんな原材料がどれだけ使われているかが分からない既製品が溢れています。

逆に悩みすぎてそれがストレスになってしまっては元も子もありません。しかし、大切な家族の健康を守るために、小さな積み重ねが必要なのではないでしょうか。将来の健康状態を予測することはできませんが、日常の小さな選択で、

  • 昨日はクッキーだったおやつを、今日は新鮮な果物にする。
  • スーパーやコンビニでも、値段だけでなく、成分表示を見てみる。
  • 砂糖や人工甘味料の多い清涼飲料水ではなく、地元で売っている100%ストレートのジュースにする

などなど、小さな積み重ねで、将来の家族の健康状態が変わるかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

saito kazunari

(株)WELLNESTスタッフ(セミナー運営兼、web担当)。芝山代表の元で働きたいという想いで、地元宮城から三重県へ新卒入社した2年目の23歳。web記事に没頭すると、自分の世界に入り過ぎてしまう事もしばしば、、、野球と映画と歴史が好き。