デトックス効果のある食材と方法

デトックス効果のある食材と、やり方とは

近年、デトックスという言葉が一般的になってきています。

デトックスとは、解毒をするということ。

身体の中の毒を排出することによって健康の促進、美容効果、健康的なダイエット効果などが期待できます。

なぜデトックス(解毒)が必要?

現代社会を生きる私たちは、気づかないうちに多くの毒を摂取する生活になっています。

食品添加物、農薬、トランス脂肪酸、排気ガスなど、数えればキリがありません。

農薬の消費量は、日本は世界トップクラスです。

 

 

http://www.jcpa.or.jp/qa/a6_06.html参照

 

 

 

さらに、添加物の認可数も、先進国の中では突出しています。

その多くは石油精製物質であり、発がん性があり、アレルギーを誘発することもあります。

あなた自身、ご家族の健康的な生活を送るため、

そして未来の子供たちの為にも、現代の毒を排出する方法を学ぶべきです。

デトックスする方法

現代の毒は、体の脂肪にたまります。

脂肪性毒と呼ばれています。体の脂肪に溶け込み、蓄積されていきます。

恐ろしいのは、人間の脳のほとんどは脂肪でできている為、脳まで侵してしまうことです。

脂肪に溜まった毒を入れ替えるには、脂肪を入れ替えることが有効です。

発汗を促進する

発汗することは、脂肪性毒を抜くのにもっとも効果的な方法です。

それも、時間をかけてゆっくりと、じんわり汗をかくことです。

岩盤浴や半身浴、酵素風呂、砂風呂、ホットヨガなどが有効です。

断食(ファスティング)をする

断食も、有効なデトックス方法です。

外からの食を断つことで、体は脂肪をエネルギーに変えて燃焼します。

それと一緒に、脂肪に溜まった毒素も排出されます。

断食をする場合は、まずは朝ごはんだけを抜く、半日断食から始めるのがおすすめです。

いきなり本格的に始めると、続かないですし、逆にストレスを貯めることにもなりかねないからです。

解毒効果のある食材を摂る

玄米

玄米に含まれるイノシトール、ガンマオリザノールは、肝臓の動きを強めます。放射性物質の中和や解毒にも効果的です。

梅干し

天然のクエン酸は、化学物質や放射性物質を解毒します。添加物の入っていないものが望ましいです。

たくあん、ぬか漬け

腸内細菌の働きを活発化する乳酸菌が豊富。天然塩を使ったものを選ぶ。

納豆

腸内細菌を高めます。遺伝子組み換えでない、添加物不使用のものを選ぶ。

根菜、自然薯、ねぎ、らっきょう

自然の硫黄を含んでおり、放射性物質を解毒する。

海藻

10センチ角の昆布で、被曝を防ぐヨウ素剤1枚分に匹敵します。

香草

生姜、にんにく、しそ、ミョウガなど。特にパクチーは脂肪燃焼効果が強い。

ハトムギ

ヨクイニンに解毒作用があり、漢方薬としても使われている。

食事全体に言えることとしては、腸内環境をよくすることです。

その為には、排泄のリズムが整っていることが最重要です。腸の働きを促進する食物繊維は、栄養にはならないですが、腸の働きを高める為に積極的に摂りたい栄養素の一つです。

ABOUTこの記事をかいた人

saito kazunari

(株)WELLNESTスタッフ(セミナー運営兼、web担当)。芝山代表の元で働きたいという想いで、地元宮城から三重県へ新卒入社した2年目の23歳。web記事に没頭すると、自分の世界に入り過ぎてしまう事もしばしば、、、野球と映画と歴史が好き。