【いつまでも健康でいるために】健康寿命を伸ばすためにできる事は?

高齢化社会では、健康寿命が鍵

2000年にWHO(世界保険機関)が初めに提唱したのが「健康寿命」。

健康寿命が「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されています。寿命までの残りの期間は、「健康ではない期間」ということになります。

日本の平均寿命と健康寿命の差は、男性が約9年(平均寿命80歳、健康寿命71歳)、女性が約12年(平均寿命86歳、健康寿命74歳)です(厚生労働省「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会資料」(平成26年10月)より)。

平均寿命 健康寿命
男性 80.21歳 71.19歳 9.02年
女性 86.61歳 74.21歳 12.40年

死の直前まで元気でいること、いわゆるピンピンコロリでいるためには、健康寿命を伸ばすことが大事です。

健康を規定する要因

WHOでは、「ジャカルタ宣言」で健康を規定する13個の要因をあげています。

  1. 平和
  2. 住居
  3. 教育
  4. 社会保障
  5. 人間関係
  6. 食料
  7. 所得
  8. 女性の地位
  9. 安定的な生態系
  10. 持続可能な資源の利用
  11. 社会的な公正
  12. 人権と平等の擁護
  13. 貧困

まず第一に重要なのが「平和」。その次に「住居」をあげています。

健康を保つためにいかに住居が重要視されているかが示されています。

温熱環境の重要性

住環境にも、化学物質、ダニ、カビ、ハウスダスト、窒素酸化物などの空気の汚染問題、結露やヒートショックなどと繋がる温熱の問題があります。

その中でも特に重要なのが住居の温熱環境です。以下の図は「高気密・高断熱住宅への転居と有病割合の関係」を示した表(伊加賀俊治、江口里佳、村上周三、岩前篤、星旦二ほか:健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価、日本建築学会環境系論文集、Vol76,No.666 2011.8)です。

転居前 転居後
アレルギー性鼻炎  28.9% 21.0%
 アレルギー性結膜炎  13.8% 9.3%
高血圧性疾患  8.6% 3.6%
アトピー性皮膚炎  7.0% 2.1%
気管支喘息  6.7% 4.5%
関節炎  3.9% 1.3%
肺炎  3.2% 1.2%
糖尿病  2.6% 0.8%
心疾患  2.0% 0.4%
脳血管疾患  1.4% 0.2%

表を参照すると、すべての項目において、高断熱高気密住宅に転居すると疾患が改善していることがわかります。

それだけ、住宅の温熱環境と疾患には関係性が不快と言えます。

ABOUTこの記事をかいた人

saito kazunari

(株)WELLNESTスタッフ(セミナー運営兼、web担当)。芝山代表の元で働きたいという想いで、地元宮城から三重県へ新卒入社した2年目の23歳。web記事に没頭すると、自分の世界に入り過ぎてしまう事もしばしば、、、野球と映画と歴史が好き。