子どものアレルギー・アトピーが住環境で改善した話

様々な疾患が住環境の違いで改善している

昔はこんなにアレルギーの子は多くなかったのに、、、と思っている親御さんも多いのではないでしょうか?実際に日本ではアレルギーやアトピーなどの疾患を持つ子どもは増加傾向にあります。

ある一つの大規模な調査では、家を引っ越したら各疾患が大きく改善したというデータが得られました。そのポイントは、住宅の断熱性能を上げたことだったのです。

子供のアレルギーやアトピーはなぜ増えているのか?

子どものアレルギーやアトピーなどの疾患は、近年増加傾向にあります。2013年の文部科学省の調査によると、9年前から12万人の増加で、全児童・生徒の4.5%にも上ります。

『食物アレルギーの児童生徒45万人 9年で12万人増』日経新聞http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1601A_W3A211C1MM0000/

原因は様々

いくつかの、原因と考えられている要素としては、

①食べ物:農薬、食品添加物などの影響

②衣料:化学繊維のものが増えたから

③住居:シックハウスなど

 

様々な要因が絡み合っているため、1つに特定することはできませんが、上記の生活習慣を改善することで予防することはできるのではないでしょうか。また、ある大規模な調査では多くの症状に対して改善効果が見られました。

住環境による改善例

各疾患と住宅の断熱性能の関係性

新築の高断熱高気密住宅に引っ越した3万5000人を対象に行われた調査では、アトピー、アレルギー、気管支系疾患などの15の症状に関して、大幅な改善が見られています。(http://dannetsujyutaku.com/serial/column/1_index/1_02

 

断熱グレードをあげればあげるほど高い結果が得られていることが読み取れます。

なぜ改善できたのか

ではなぜこのような結果が得られたのかというと、岩前教授の見解では、住宅が暖かくなることで着衣量が減るからだそうです。現代では化学繊維の衣服が増えたことで、その影響を軽減できること、そして着衣量自体が減ることで身体への小さなストレスの積み重ねが減るためです。

また、基礎体温の上昇も改善に寄与していると考えられます。現代の子どもには体温異常であったり、低体温の子どもが増えています。低体温はアレルギー発症などとの関連性も指摘されています。詳しくはこちらの記事

【微熱と判断する前に!】子どもの低体温が増えてきている

2017.08.01

でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

最後に

子どもには身の回りの環境や食べ物を選ぶ知識も判断力もない以上、親の選択肢が子どもの将来の健康状態を左右します。現代は便利になった反面、様々な社会毒が蔓延しました。そのためには正しい知識の盾で、子どもを守っていかなければなりません。あなたの子どもを守るのは、あなたの知識と行動なのです。

ABOUTこの記事をかいた人

saito kazunari

(株)WELLNESTスタッフ(セミナー運営兼、web担当)。芝山代表の元で働きたいという想いで、地元宮城から三重県へ新卒入社した2年目の23歳。web記事に没頭すると、自分の世界に入り過ぎてしまう事もしばしば、、、野球と映画と歴史が好き。