自律神経テストとは?

自律神経のバランスが健康の鍵

自律神経とは、自分の意思とは関係なく働いている神経の総称のことをいいます。日ごろの体調や心の状態を保つのに非常に重要な神経です。

自分の意思と関係なく動いているので、心臓や内臓、消化活動、発汗機能の調整など、、、これらのことを自分の意思でやってる人いませんよね?寝ている時だって動いていますから。

循環器、消化器、呼吸器などの活動もコントロールし、 24 時間働いている自律神経は、不規則な生活や精神的、身体的ストレス、ショックなどにより乱れます。自律神経が乱れると、体の器官に支障が現れてきます。

このように生命の維持活動のために重要な役割を果たしているのが自律神経です。また、この自律神経ではアクセルとブレーキの役割を果たす交感神経と副交感神経の2つに分けることができます。

交感神経

交換神経とは、一言で言うと「アクセル」です。

活動時や昼間になると活発になります。交感神経が優位になると、血管が収縮し心拍数が増加、活動的な状態になります。

副交感神経

それに対して副交感神経は体の「ブレーキ」の役割を持っています。安静時や夜になると活発になります。副交感神経が優位になると、血管が拡張して心拍数が減少、リラックスした状態になります。

バランスが重要

交感神経と副交感神経。この2つのバランスをうまく取ることで体のバランスが保たれています。

交感神経優位だと

バランスが崩れたとき、例えば交感神経のアクセルが優位になった場合、休むためのブレーキが追いついていないので、いろいろなストレスから、イライラ、ピリピリしたような状態になります。このような状態だと血流が良くなく明記力の低下して病気等も招きやすくなります。

がんばりすぎて心身ともに疲弊してしまうと、がんばっていてもなかなか結果に結びつかないような状態になってしまいます。

副交感神経優位だと

その逆は副交感神経が優位になっている時です。休めてはいますが、アクセルの踏み込みが良くないので、のんびり状態になってしまいます。このような時は注意力も低下し、ミスも起こりやすくなります。うつ病に陥りがちな傾向もあります。

良い状態を保つには

生活習慣

自律神経を整えるためには、基本的には日々の生活習慣を見直すことが最善です。

食生活の改善睡眠がしっかり取れていますか?

適度な運動を行っていますか?

ストレスが多すぎる生活をしていませんか?

また、過度の緊張なども良くありません。体調を崩したときや、精神的にショックな出来事があったとき、焦りや不安から逃れたいとき、日々の生活をしていればいろいろなストレスに感じることがあるかと思います。その根本を解決することが1番大事です。

音楽でリラックス

好きな音楽を聴いて休むのも有効です。好きな音楽、クラシック音楽、自然の中にいるようなヒーリングミュージックも良いですね。

アロマでリラックス

アロマなどが好きな方は有効です。さらに、好きな音楽を聴きながら、香りも楽しめば五感でリラックスができます。

自律神経の乱れによる不調は、さらなる不調を招き、負のスパイラルに陥ってしまうことも少なくありません。

逆に、自律神経が正しく整えていれば、悪いことがあったとしても、しっかり毎日リセットすることができます。そうすれば負のスパイラルに陥ることもないですし、逆にプラスのスパイラルを乱すような生活にできるでしょう。現代では、忙し過ぎにより交感神経ばかりが優位になってしまう人も少なくありません。

あなたはどうでしょうか??^ ^

自律神経状態のチェック

WELLNEST では、独自の『交流分析診断』の中で、自律神経チェックの項目も含まれています。交感神経の状態と副交感神経の状態を 10 段階にわけ、それぞれの値から、総合評価の状態を出します。

先日のお母さんの心得セミナーでは、この日限定で希望者にテストを実施!ほとんどの方が希望されましたが、大変好評でした。

【お母さんの心得セミナー in 高松】開催しました

2017.11.17

自律神経についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事もご参考ください^ ^

【医】自律神経とは?正しい整え方

2016.11.30

ABOUTこの記事をかいた人

saito kazunari

(株)WELLNESTスタッフ(セミナー運営兼、web担当)。芝山代表の元で働きたいという想いで、地元宮城から三重県へ新卒入社した2年目の23歳。web記事に没頭すると、自分の世界に入り過ぎてしまう事もしばしば、、、野球と映画と歴史が好き。