【食】食べ合わせと消化の話

食べ合わせの消化と健康の密接な繋がり

一般的な食生活をしている人は、その1日の消化に使うエネルギーが、フルマラソン(1600kcal)以上と言われています。消化にエネルギーを使いすぎては、代謝(ターンオーバー)や、仕事や勉強に使うためのエネルギーが足りなくなってしまいます。

消化酵素と代謝酵素の関係

酵素とは、人間のあらゆる活動の潤滑油のようなもので、健康を支えています。その中で消化酵素は食べ物を吸収しやすいような消化するための酵素で、代謝酵素は日々のあらゆる生命活動を行うために働いています。

1日に使う消化エネルギー

あなたはこれまでに、こんな経験をしたことはありませんか?

  • ランチを食べたら眠くなって午後の仕事や勉強がはかどらなかった。。。
  • 重たい食べ物を食べた後はお腹が張ってしまう。。。
  • 焼肉にご飯、ステーキとポテトなどを食べて、胸焼けで苦しい。。。
  • 胃酸過多で胃の調子が悪い。。。

 

実はこれらの問題は、食べ物の食べ合わせ方が間違っているために、消化に大きな負担をかけていることが原因です。ランチ後に眠くなるのは、消化にエネルギーを取られているためです!
風邪を引いた時に、食欲が減りませんか?これは、代謝にエネルギーを使うために、消化に回すエネルギーを減らそうとしているためです。

代謝酵素を活発化させるメリット

食べ合わせを改善すれば、消化酵素の負担が減り、代謝酵素がより活発になります。代謝酵素を活発化させることによって、

  • 肌のターンオーバーが活発化され、美肌効果が期待できる。
  • 運動の効果がより期待できるようになる。
  • 消化活動がうまくいくことで、腸の働きが改善され、お通じが良くなる。
  • 脳の活動も活発化されるため、記憶力や集中力のアップに繋がる。

このように、たくさんのメリットが期待できます。

消化に良い食べ方とは?

自己消化をする食べ物を

野菜や果物は、自らを消化する酵素を持ち合わせています。納豆や漬物などの発酵食品も同じように自らを消化する酵素を持っています。さらにこれらは胃の中でも特定の種類の消化液を必要としないので、どんな食べ物と一緒に食べても消化することができます。しかし、焼くなどの加工をされたたんぱく質や炭水化物は別です。

 

炭水化物とたんぱく質の食べ方

ステーキとベイクドポテトの付け合わせを食べた例を挙げます。ステーキを分解するためには、酸性の消化液を必要とします。同時にベイクドポテトはアルカリ性の消化液を求めます。これらが同時に分泌されると、酸とアルカリが接触して中和。どちらもうまく消化が進まないことになってしまいます。結果として消化不良や、胸焼けをする、といったことが身体の中で起きているのです。
ですので、加工されたたんぱく質、炭水化物は、同時に摂取することはお勧めしません。同時に食べるなら、野菜やサラダをお勧めします。

消化酵素と代謝酵素の働きの違いについてイメージできたでしょうか?次の記事では、3大栄養素と微量栄養素についてご説明します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です