カフェ事業

飲食事業のプロデュース

時間・空間・仲間の三つの「間」、そしておもてなし
四つがそろう「クローバーカフェ」

cafeExtrior香川県高松市のファンの方々に支えられ、連日大好評を頂いている「クローバーカフェ(clover-cafe)」。
インパクトでは、こうしたカフェの運営を行っています。私たちが大切にするのは、お客様に居心地の良い時間、空間を、良い仲間と過ごせるようなおもてなしを提供すること。
この四つがそろい、幸福をもたらす四つ葉のクローバーのようにお客様に幸せな気持ちになっていただきたい、と考えています。

クローバーカフェ高松との出会い

大きな煙突が目印のクローバーカフェ高松は、以前は酒蔵だったものをリノベーションしています。この90年以上前の建物は、重要文化財にも指定されており、酒蔵の持つ「夏涼しく」「建物が呼吸していて気持ちいい」空間で、最上のおもてなしを提供できるご縁に、感謝して運営しています。

オーナー芝山さゆりのコメント

お店のデザイン、コーディネート、食器、小物類のデザイン、材料卸、人材育成、教育、調理支援、セミナーや勉強会への企画。それらは全て、お客様に心から喜んでもらうサービスをご提供するため。

またそれを心から出来るスタッフを育成できるのも喜びです。結果、ファンがそのスタッフには何人でも付くわけですから。「笑顔」を頂く、「ありがとう」をお客様に頂く「また、来るね」と言って頂く、決して簡単な事ではないです。そこに信頼があり、リピーターになっていただけるんだと思います。
私自身、「現場知らずは、上に立てまい」と父からの教えもあり、カフェに入ってスタッフと一緒にお客様のおもてなしをしています。人生色々ありますがお客様に「美味しかった」とか「また、来るね。」とか言われる事に本当にパワーをもらっています。

クローバーカフェでは、たくさんの子育てママさんたちが活躍しています。「働く時間は限られているけれど、得意なことを活かして社会貢献したい!」という女性たちは、仕事に対して常に前向きで常に夢を持っています。私たちは、女性がいつまでもイキイキと輝く会社、社会を目指しています。

handdrip1serving1

外観より

その他事業プロデュース