人財育成事業

交流分析・人材育成

私たちの考える人財育成
「夢は叶えるもの」

これは創業時から変わっていませんが「想いを かたちに…」を、代表芝山さゆりはモットーにしています。
この時代「物売り」に走らず「人の心を届ける」ここだけは大事にしたいと常日頃から思っています。

一番のテーマが「夢」をもたせる事、これに尽きます。

夢は、アメリカの辞書では「夢は叶えるもの」とありますが、日本の辞書では「夢は夜見るもの」とあります。アメリカンドリームという言葉がアメリカにはあるように、日本人も夢を持たなくては人生も仕事も遊びも決して楽しくないはず、ここを教育の一環にしようと思うようになりました。子供の時は、「野球選手になりたい、サッカー選手になりたい」、女の子では「先生になりたい、お花やさんになりたい」と笑顔で言ってたはずなのに、成人してからの大人が口にするのは、もっぱら愚痴や文句ばかり。これでは、いい人生が送れるはずがない。そう思うようになりました。

教育プログラムのテーマ

  1. 習慣の見直し
  2. 信じる
  3. 現状把握(気づき)
  4. 己を知る

大きくこの4つをテーマに教育を行っています。
「習慣化」とは恐ろしいもので、今日の自分の思考は全てここにあります。俗に言う癖もそうです、ここに徹底的に見直しをかけます。

  1. 夢を叶えることができた
  2. お給料の有り難みが解った 周りにも感謝できるようになった
  3. 上司から可愛がられ、役職が与えられるようになった
  4. 普通に仕事していればいいと思っていたけど、5年後には会社経営をする
  5. 高級車に乗れるように会社に貢献する
  6. 研修後、子供との関り方が変わり、子供が明るくなり、積極的な子になった
  • 上記はあくまでも一例ですが、
    結局は、自分が変われば、周りが変わる。その事を気づかせてあげる手立てを研修では行っています。
  • 社内での適材適所が解る「適性診断」
  • 「社員にやる気が感じられない。」、「部下の気持ちがわからない。」こんな悩みを抱えられている経営者様、ビジネスリーダー様の声が増えています。

    これからの企業の在り方は、雇用の創出だけでなく、社員の労働満足も実現していく必要があるのではないでしょうか?
    株式会社インパクトで実施している「適性診断」は、筆記試験の結果を基に、教員資格を持つカウンセラーが企業内での『適材適所』を的確に判断し、 御社のビジネスパフォーマンスを最大限に高めます。

研修カリキュラム一覧

研修には、中小企業の支援を目的とした顧問社労士監修による助成金制度の適用も御座います。

  • 新入社員受け入れ・中途採用者研修(OJT)
  • 対人折衝能力向上研修
  • ビジネスコミュニケーション研修
  • アサーション研修(説得力・表現力)
  • 来客・電話応対研修
  • ビジネスマナー研修

研修・セミナー動画

動画ページをご覧ください